サンプルの有無

名刺専門業者に名刺を作ってもらったものの、想像以上に仕上がりの悪い名刺が届いた、という経験をしたことがある方もいるかもしれません。インターネット上で依頼した場合だとこうしたことも起きがちなのですが、事前にサンプルを請求することでこうしたリスクを減らすことはできます。優良な業者だとサンプル請求もできるようになっていますから、まずはサンプルを請求することをおススメします。実際にどのような用紙を使ってどのように印刷されるのか、レイアウトやサイズはどうなのかといった部分も事前にチェックできるでしょう。

業者によってはサンプル請求に応じていないこともありますから注意が必要です。サンプル請求できる業者だとそのことをホームページ上に記載していると思いますから、まずはそこを確認してみましょう。サンプルを取り寄せることができるのなら仕上がりもイメージできますし、届いてから「こんなはずじゃなかった」ということを回避できます。お金を出して購入した名刺が予想以上に低クオリティだったとなるとお金を無駄にしたことになりますし、ガッカリしてしまいますよね。そんなことにならないためにもサンプル請求できるかどうかを確認して業者を選んでください。

Posted on

デザインの数

名刺作成業者を選ぶときのポイントはいくつも挙げられますが、一つにはデザイン数が挙げられます。どのようなデザイン、テンプレートを用意しているかは業者によって異なりますし、扱っているデザインの数についてもまちまちです。できるだけ豊富なデザインを扱っているほうが自分の所属する業界にマッチした名刺も作りやすいでしょう。業者のホームページにはデザインも掲載されていると思いますから、まずはデザインのバリエーションなどをチェックすることです。あまりにも少ないのならやめたほうが良いですね。

デザインデザインが多いと迷ってしまうかもしれませんが、それでも少なすぎるのに比べると遥かにマシです。デザインが少ないとなるとできる名刺も限られてきますし、自分の所属する業界に合った名刺が作れないかもしれません。多様なニーズに応えられるだけのデザイン数を用意している業者なら安心して任せられるでしょう。公式ホームページ上にデザインが掲載されていない業者もできるだけ利用しないことです。どのようなデザインがあるのか分からないのに依頼することはできませんよね。デザインのクオリティはもちろんですが、どれくらいの数を扱っているかという部分も確認しましょう。最後にサンプルの有無についてお伝えします。

Posted on

名刺作成業者選び

名刺を自作することも可能ですが、自分で作った名刺はどうしても品質が悪くなってしまいます。現在では名刺作成専用の用紙も随分品質が良くなりましたし、作成ソフトも充実しているので以前に比べるとハイクオリティな名刺が作れるようになりましたが、それでも業者が作成した名刺に比べると品質の違いは明らかです。そのため、ビジネスで使用する名刺に関しては専門業者に依頼して制作してもらうのが鉄則と言えるでしょう

ホームページもちろん、サークルや趣味、個人的に使用する名刺なら自作しても問題ありません。最近では会社とは関係なく個人で名刺を持つようなケースも多くなりましたし、バンドやサークルの名刺を持っているような方もたくさんいます。こうした名刺だと別に自作してもまったく問題ないと考えられますが、ビジネスで使うとなると話は変わってきます。名刺はビジネスマンにとって顔ですし、それで相手に与える印象が大きく変わることもあるのです。

名刺作成は業者に頼んだほうがいい、ということは分かったと思いますが、現在では業者の数も多いためどこに依頼するべきかで悩んでしまう方も少なくありません。インターネットで少しリサーチしただけでもたくさんの業者のホームページが出てきますよね。そこで、ここでは名刺作成業者を選ぶときの基準となるポイントをいくつかご紹介したいと思います。近々名刺を作成しようと思っている、という方はぜひ今後の参考に目を通してください。続いては、デザインの数についてお伝えします。

Posted on